×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

食事の摂取量・頻度を制限する



一回の摂取量を減少させる 消化管の手術の後など、一度に処理できる食物の量が限定される場合、一回の食事の総量は減少してしまうが、一日の必要カロリー量を維持するために、食事の回数を増加させなければならない。 一回の摂取量を増加させる 力士は、一回の食事量を増加させて食事の頻度を減少させるといわれている。頻度を減らすことにより一時的な飢餓状態になることで栄養吸収率が上がるため、同じ総カロリー数であれば太りやすいと考えられている。(一回の食事量を極度に増やすことにより次第に他の二回のの食事量が減少して結果的に摂取カロリーが減るという説もある。)







出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』